タンタル/Ta粉末を焼結処理した多孔質金属

周期表第5族に属し、バナジウム族元素の一つ。原子番号73、元素記号Ta。遷移金属のうちのレアメタルの一つで、タンタル石から得られたり、スズ精練時の副産物としても得られる。1802年スウェーデンのエーケベリがフィンランドおよびスウェーデンでみつけられた鉱石(タンタル石)の中から発見し、その反応が複雑で確認に苦労し、また、その酸化物が酸に侵されないところから、ギリシア神話のタンタロスにちなんで命名された。つねにニオブと共存する希元素であり、ニオブとよく似た性質であることが知られている。

鉱石からアルカリ融解でタンタル酸塩として抽出し、フルオリド錯塩に変えて分別結晶を行い、随伴するニオブと分離、融解塩の電解還元によって単体の金属を得る。白金に似た外観を呈し、展延性があり、耐力性、耐食性に富むが、展延性は不純物の混入によって著しく阻害される。水素の吸蔵力が大きく、暗赤色に加熱した状態で740倍の体積の水素ガスを吸蔵するが、これを真空中で加熱すると75%だけが放出され、残りはタンタルの水素化物となる。フッ化水素酸以外の酸に侵されないため、化学工業用耐酸材料に使われ、電子材料、合金材料などの用途もある。

用途

人体に無害で、生体親和性もあることから人工骨としての利用、人工歯根であるインプラント材料としても使われ、チタンとタンタルの合金も実用化されています。 タンタルコンデンサは、他のアルミ電解コンデンサに比べて小型化が可能で、漏れ電流が少なく安定しているとされいる。パソコンや携帯電話、モバイル機器に多数使われている。

製作実例

サンプルについて

サンプルのご用意はございません.お問い合わせページより必要事項を記入の上,お問合せ願います.

material_icon_2

toi_icon_2