チタン/Ti

 チタン/Ti 焼結体について

チタン(Ti)は非鉄金属の中で実用化されたのは比較的新しい素材で,急速に利用が広がっている材料の一つです.チタン(Ti)を特徴付ける最大の利点は,軽くて強い『比強度』の高さにあります.比強度とは.密度あたりの引張り強さを示す指標で,値が大きい程軽い割に強度が高いという事に繋がります.チタン(Ti)はこの比強度の値が,非鉄金属の中で最上位に位置します.また,この強度と軽さのほか,耐腐食性,耐薬品性,耐熱性,耐衝撃性等あらゆる用途に使用できるタフな素材です.耐食性については,特に耐海水性(白金にも匹敵する…特に強い金属です)も持っており,海水での使用が想定された装置にも使われます.腐食に強い理由としては,アルミニウム(Al)ステンレス(SUS)と同様に金属の表層面に薄さがナノ単位の酸化被膜が保護膜が形成されている為です.これも破損すると酸素と反応して修復されますが,酸素が無かったり,強い還元の起きる環境や薬剤に対しては壊れた酸化被膜が再生できず,腐食します.従って,酸化性の酸である硝酸や塩素イオンを含む環境では腐食に強くなりますが,還元性の酸(塩酸,硫酸,リン酸)では腐食しがちです.耐熱性については,同じく比強度の高いアルミニウム(Al)合金が200℃前後で急速に強度を低下させていくのに対し,チタン(Ti)合金の場合は500℃前後まではステンレス(SUS)をも上回る機械的強度を示します.金属材料の中には,極低温下で『低温脆性』により金属組織が脆くなり,強度が維持できなくなる素材も多いですが,チタン(Ti)についてはかなり強い低温靭製を持っており,こうした極低温下の環境でも使用に耐えうる材料候補の一つと言えます.前述したようにステンレス(SUS)多孔質(ポーラス)焼結体では満足できない環境・用途でもご使用頂けます.当社金属製フィルターとしては最高の材質となります.

素材形状

ti_2_150_120

製作実例

サンプルについて

サンプルのご用意はございません.お問い合わせページより必要事項を記入の上,お問合せ願います.

 

material_icon_2

 

toi_icon_2