BC/ブロンズ/青銅製焼結金属フィルターエレメント

ブロンズ/青銅とは、銅と錫からできた合金であり、焼結金属フィルターエレメントの中では最もポピュラーな焼結体です。  弊社で扱っておりますブロンズ球は、銅:錫=90:10のものを使用しております。理由は至ってシンプルで、焼結するのに最も適した材料比率であるからであります。この比率よりも錫が少しでも狂うと融点近くまで昇温するわけですが、表面のみの溶融状態の維持が難しくなり、溶けるか溶けないかのどちらかになってしまいます。

BC/ブロンズ/青銅製の焼結金属は金型を使用しますが、型に金属粉末を充填し焼結処理しますので、加圧工程がございません。ですので、ある程度形状に自由度があります。※型の製作可否、粉末の流動性、ノウハウによっては製作できない場合もあります。

二次加工について

BC/ブロンズ/青銅を用いた焼結フィルターはNiメッキも可能です。

接合については同時焼結溶接も可能です。

※銅材の溶接はかなり特殊であり、よく見かけるのは『ロー付』を用いての接合でありますが、『ロー付』での接合は銅材では一般的ですが、こと、焼結フィルターでは『ロー付』は『ロー材』の濡れ性が良い為、空隙に浸透していってしまい、せっかくの空間を『ロー材』で埋めてしまいます。

二次加工・三次加工までトータルでご相談ください。

素材形状について

BC/ブロンズ/青銅の素材形状は球体粉のみとなっております.

cu_pipe_in_shouketsu_2

製作実例

サンプルについて

サンプルのご用意がございます.お問い合わせページより必要事項を記入の上,ご請求願います.

 

material_icon_2

 

toi_icon_2