積層焼結金網 構造

焼結金網を設計します

焼結金網とは

焼結金網とは、金網を1枚から複数枚積層し、焼結処理(金網の線と線を溶着させる)を施した製品である。金網を積層し、焼結処理を施すことにより積層した層と層を一体化することにより1.強度の確保、2.正確な気孔径、3.圧力損失の低減をバランスよく適えることが出来ます。また、線同士が溶着しているので線の間に異物が入り込むこともありません。金網を重ねただけでは金網、線同士がバタついてしまいフィルタリング等の性能は発揮できません。

焼結金網の構造は、基本的には保護金網・基本金網・補強金網の3部構成で成り立っており、<保護金網・基本金網>正確な目開きを保持しながら流路はストレートなので目開きの正確さ、圧力損失の低減を両立することが可能。<補強金網>網目が複雑な3次元構造を有することから平織金網で正確な気孔径を保持しつつ、畳織金網で流路調整を行うことも可能です。流路調整を行うことで流通抵抗を増やし、通気を均一化することが可能です。

ami_img

また、当社では焼結金網の形状加工・焼結金網と金具の溶接も可能です。

焼結金網 パイプ 加工

焼結金網 加工例

多孔質金属と金具の溶接は熱容量が異なるために非常に難しいです。ですが、 当社では種々の溶接法を駆使し用途・形状に合わせた溶接が可能です。

焼結金網の基本構造

規格品では1.保護金網2.基本金網3.保護金網4.5.6.7.補強金網(※目開きにより積層枚数増減)の順に積層させ、焼結処理というどの様な場面でも使いやすい仕様でご用意させて頂いております。

1.2.3.保護金網・基本金網(平織金網)

hiraorihiraori_pore

メインメッシュを保護するための金網で縦線と横線が一定の間隔を保ち、1本ずつ交互に交わった最も一般的な織り方。正確な目開きが特徴。

4.5.6.7.補強金網(平畳織金網)

tatamioritatami_pore

焼結金網を補強するために使用し強度確保と流路の複雑化する為の金網で横線が相接する様に並んだ織り方。その名の通り畳の様な織り方。高い強度が得られ、補強用に最適。複雑な流路を形成している為、焼結金属フィルターエレメントの流路に似ている。

 

<規格品>

公称濾過精度:2,5,10,20,40,75,100,150,200(μm)

厚み:約2mm(≒1.7)

 

<受注生産品>

ユーザー様の要求・用途に合わせ設計・提案させて頂くことが可能です。

ex.1)基本金網+補強金網+パンチングメタル

ex.2)補強金網5層+基本金網5層+補強金網5層

ex.3)平織金網+ファイバー焼結+平織金網

ex.4)同一金網を数十枚積層

 

<材質>

ステンレス/SUS316L

ステンレス/SUS304

銅/Cu

 

<用途>

・フィルター(濾過・分離)

・サイレンサー(消音)

防爆フィルター(フレームアレスター)

センサーケース

バブリング

エアー抜き(ガス抜き)

・粉体封止

・ガス整流

etc…

 

<磁性を有する焼結金網>

積層焼結金網に磁性を帯びさせることにより、万一破損等が生じた場合においても回収が可能です。

特に、医薬品・食料品の製造工程においては異物混入における回避策は必要不可欠です。

この磁性を有する積層焼結金網を使用することにより下記2つの予防処置を講じることが可能になります。

①積層焼結金網で線同士が溶着することによりバラバラになることを回避

②万一破損し一部が欠落した場合においても、磁石での回収が可能

 

製作実例

 

サンプルについて

サンプルのご用意はございません.お問い合わせページより必要事項を記入の上,お問合せ願います.