焼結.comにて製作した製作実例・サンプル集

金属フィルター(濾過・分離)

焼結.comにおける金属フィルターとは、金属粉末や金網の線同士を焼結技術により接合し、空孔(気孔)を作り、金属粉末の大きさや金網の目開き、積層枚数を制御することにより空孔(気孔)の大きさをコントロールしたもので、ゴミの濾過、混合物の分離、気液分離、内圧除去等にご使用頂けます。

フィルターには種々の構造、材質、形状がありますが、焼結.comで製作しておりますのは金属粉末、金網ですので高強度であり、耐熱性に優れ、素材の割れ・欠けもなく、非常に強いフィルターとなります。

また、濾過方式にはフィルターの気孔内部を通過しながら濾過精度を向上する内部濾過、物理的に対象物よりも小さな気孔径でフィルターを通過させない表面濾過がありますが、焼結.comではどちらも対応可能です。

当社が製作している『フィルター』は一般的には焼結金属と呼ばれ、『フィルターエレメント』や『エレメント』等と称される空隙率の高い、気孔径の大きい焼結体を製作しております。

焼結.comにおける主な用途例

 

現在では『フィルター』というよりも、『通気する金属』というイメージでご検討頂けると非常に面白い製品が完成すると思います。焼結.comで製作しております焼結金属は全てオープンポーラス(開気孔)な気孔構造です。※オープンポーラス…固体内に気孔の入口と出口が必ず存在し、空間と空間が必ずどこかでつながっている気孔構造。逆に、空間と空間がつながっていない気孔構造をクローズドポア(閉鎖気孔)といい、発泡金属に代表される多孔質金属も存在する。

金属ですので高温で強度を兼ね備えた多孔質体が成立する訳です。特に焼結.comでは焼結金属フィルターエレメントに特化することにより材質はもとより、二次加工・三次加工への研究開発も重ねております。通常の金属ではない為に焼結金属フィルターエレメントに即した二次加工技術・三次加工技術が必要となります。機械加工をメインとされている熟練の加工業者様でも焼結金属フィルターの加工に関してはご経験がございませんので焼結.comにお任せください。

下記の製品サンプル群は焼結金属フィルターエレメント積層焼結金網における形状・機械加工、溶接、金具の接合、メッキ、ロール加工+突合せ溶接+金具接合のごく一部です。掲載させて頂いていない多孔質金属は他にも気孔構造、材質含め種々ございます。

 

material_icon_2

 

toi_icon_2