SUS多孔質焼結金属フィルター

焼結金属の技術を応用し多孔質金属に特化した専門メーカー

焼結金属・多孔質金属専門メーカー焼結.comの特徴

焼結金属・多孔質金属専門メーカー焼結.comでは下記の特徴を有し運営しております。

  1. 焼結金属フィルターエレメント(多孔質金属)に特化したメーカー
  2. 焼結助剤(バインダー)等不純物の完全不使用
  3. 焼結処理実績のある材質15種類超
  4. 設計開発
  5. 金属加工のエキスパート
  6. 切削、溶接、同時焼結、メッキ、コーティング等の最終製品まで対応可能
  7. ISO9001による徹底した品質管理

焼結.comは小段金属株式会社で焼結金属・多孔質金属に特化した専門チームで成立しております。母体となる小段金属株式会社は機械加工を本業とし、現在も事業を継続しております。また、焼結プロセスにおいて焼結助剤と呼ばれるバインダー等の不純物を一切使用しないノーバインダー製法により製作しております。従いまして、金属加工のプロでありながら、焼結金属・多孔質金属にも精通していることになります。このことは焼結金属業界では非常に珍しく、焼結金属メーカーは焼結体を製作するまでというのが一般的ですが、焼結.comでは焼結体の作成+フランジ製作+ハウジング製作+溶接+メッキ+検査+梱包まで最終製品として、お請けすることができます。また、品質管理はISO9001の認証を受けております。

焼結金属(多孔質金属)の製造方法

焼結金属(多孔質金属)は目的や形状、寸法、材質により製造方法が異なります。ですので、代表的な無加圧焼結法とプレス成形焼結法をご紹介致します。

<焼結法①無加圧焼結法>

  1. 型を準備
  2. 素材の大きさを揃えるため粉末を分級
  3. 型に材料を充填
  4. タッピング
  5. 焼結
  6. 離型
  7. 焼結体完成

<焼結法②プレス成形焼結法>

  1. 型を準備
  2. 素材の大きさを揃えるため粉末を分級
  3. 型に材料を充填
  4. プレス成形
  5. 焼結
  6. 焼結体完成

焼結のメカニズム

焼結のメカニズムは1.初期焼結、2.中期焼結、3.後期焼結、4.完全緻密化という4段階の結合状態を辿ります。

  1. 初期焼結・・・粉末の表面が溶融しかけている状態
  2. 中期焼結・・・粉末同士が結合している状態
  3. 後期焼結・・・粉末が溶融し始め、粉末の形状を維持できず、空間がほぼ無い状態
  4. 完全緻密化・・・完全に空間がない密度100%の状態

焼結金属(多孔質金属)の材質

焼結金属フィルターとして実績のある材質は

  • ブロンズ(BC)
  • ステンレス(SUS)
  • 純銅(Cu)
  • アルミニウム(Al)
  • 特殊な金属タンタル(Ta)
  • モリブデン(Mo)
  • タングステン(W)
  • etc

などなど要望に応えていくうちに15種類超の材質において実績ができました。

焼結金属(多孔質金属)の種類

焼結金属(多孔質金属)には種類があり、用途により種類を使い分ける必要がございます。

焼結金属(多孔質金属)の用途

焼結金属(多孔質金属)の一般的に使用される用途

焼結金属(多孔質金属)の加工技術

焼結金属の製作で製品となるケースは少ないかと存じます。焼結金属の加工、焼結金属(多孔質金属)を保持するためのフランジ、保護するためのハウジングなど、最終製品まで加工が可能です

  • 2次加工(機械加工)
  • 3次加工(溶接)
  • 4次加工(表面処理)

検査、梱包までトータルサポートが可能です。

焼結金属(多孔質金属)の製作実績

実際に製作した焼結金属(多孔質金属)の画像を素材、寸法形状、機械加工、溶接、表面処理、etc…問わず可能な限りの現物画像を掲載しております。何かのヒントにして頂ければと思います。