BC焼結金属フィルターエレメントの同時焼結

ブロンズ(BC)製の多孔質金属を粉末の焼結処理によりフィルターエレメントを製作

ブロンズ(BC)焼結フィルター

ブロンズ/青銅とは、銅と錫からできた合金であり、焼結金属フィルターエレメントの中では最もポピュラーな焼結体です。

焼結金属フィルターの製造工程

BC/ブロンズ/青銅製の焼結フィルターは下記の手順により製造致します。

  1. 金型の設計
  2. 材料の分粒
  3. 金型の製作
  4. 金型に材料を充填
  5. 焼結処理
  6. 離型
  7. 検査

金型を使用しますが、型に金属粉末を充填し焼結処理しますので、加圧工程がございません。ですので、ある程度形状に自由度があります。※型の製作可否、粉末の流動性、ノウハウによっては製作できない場合もあります。

 

ブロンズ(BC)焼結金属フィルターの用途

  • 濾過・フィルター

  • サイレンサー(消音器)

  • センサーケース

  • 防爆フィルター・フレームアレスター

 

ブロンズ(BC)焼結フィルターのSEM画像

 

ブロンズ(BC)焼結フィルターの加工

BC/ブロンズ/青銅を用いた焼結フィルターNiメッキも可能です。

接合については同時焼結溶接も可能です。

※銅材の溶接はかなり特殊であり、よく見かけるのは『ロー付』を用いての接合でありますが、『ロー付』での接合は銅材では一般的ですが、こと焼結フィルターでは『ロー付』は『ロー材』の濡れ性が良い為、空隙に浸透していってしまい、せっかくの空間を『ロー材』で埋めてしまいます。

二次加工・三次加工…までトータルでご相談ください。

ブロンズ(BC)焼結フィルターの製作実例

サンプルについて

サンプルのご用意がございます.お問い合わせページより必要事項を記入の上,ご請求願います.