多孔質金属(銅粉焼結)

銅製の多孔質金属を粉末、金網、繊維の焼結処理により導電性や熱伝導性に優れた製品を製作

多孔質金属×焼結

多孔質金属は金属粉末同士を焼結処理により金属表面のみを溶着(溶融結合)させ、ノーバインダー製法(バインダーと呼ばれる焼結助剤を用いず焼結処理する製造方法)により製作した純金属のみによる気孔全てが連結した純粋な金属多孔質体です。

また無加圧焼結法から加圧焼結法まで焼結処理の選択が可能ですので用途により製法を選択可能です。粉末の大きさ(粒径)、気孔径、密度等各指標での製作も可能です。

 

銅/Cu粉末×焼結処理(多孔質金属)

多孔質金属に銅粉末を用いることにより優れた熱伝導性は保持しながらも多孔質体内部に液体・気体を通過させることが可能です

 

多孔質金属×銅×用途

多孔質金属(銅)は下記の用途での性能が期待できます

  • ヒートシンク

  • ヒートパイプ

  • 除菌が必要とされる各部材(ex.ドアノブ)

  • 藻、コケの繁殖を抑制したい場所

多孔質金属×銅×種類

多孔質金属(銅))は下記の種類で対応可能です。

 

多孔質金属×銅×素材形状例

銅

 

多孔質金属×銅×製作実例

サンプルについて

サンプルのご用意はございません.お問い合わせページより必要事項を記入の上,お問合せ願います.