SUS焼結金属フィルターエレメントの加工(溶接)

焼結金属の加工(切削・溶接・同時焼結・表面処理)

焼結金属の加工

焼結金属の製作のみではなく、下記の加工も内容により可能です。

  • 同時焼結
  • 溶接
  • 切削等の機械加工
  • メッキ等の表面処理

 

溶接(焼結金属フィルター)

多孔質金属に溶接を施すことは非常に難しく、経験とノウハウを要します。 また、焼結金属と金属加工品との溶接は更に難易度が高くなります。 理由は極シンプルで熱が瞬間的に伝わり溶けてしまうからです. 焼結金属と金具の溶接では同じ材質であっても熱伝導性に差が生じます.結果溶かしてしまうということを多々伺います. 弊社では『ロー付』は致しません.それは弊社製品のすべては開気孔を有しており,『ロー付』を施工してしまいますと せっかくの開気孔がロー材の侵入により塞がれてしまうからであります. ロー材は非常に濡れ性が良く,銅材の接合にはよく用いられますが焼結金属フィルターエレメントには不向きです. ですので弊社では溶接技術を習得することにより上記問題を解消しました

ブロンズ焼結 溶接 接合
ブロンズ焼結体(溶接部拡大)

 

切削加工(焼結金属フィルター)

通常の緻密焼結体(MIM等)の場合

焼結金属における切削加工についてはごく一般的でやはりどうしてもニアネットシェイプで焼結時には最終製品に近い寸法形状まで持っていくことが現状では当たり前ですが、やはり穴あけやタップ加工などはどうしても必要となります。。。

 

焼結金属(多孔質)の場合

焼結金属フィルターに切削加工を施すことは目詰まりを起こしますので『ご法度』であります。但しどんな場合でもという訳ではなく、必要ない方向への目詰まりであれば可能ですし、機械加工であれば試作時に型が不要となり現在保有している型から近似のモノを選定し、ご要望に合わせる事が可能になりますので開発用途には『もってこい』だと思います。※量産時には型を作製頂かないと逆にコスト面・納期面でロスが発生致します。

焼結(多孔質)金属 ネジ加工 
焼結フィルターのタップ加工 (組付)

 

同時焼結(焼結金属フィルター)

焼結金属フィルターに同時焼結という焼結金属フィルターの作製と同時に金具との接合をする『同時焼結』と呼ばれる手法のこと。焼結金属フィルターの作製と金具の接合を同時に行いますので工程がぐっと短縮でき、なおかつ工程を減少させることによりロスも減少できます。

SUS焼結(多孔質)金属 ポーラス 60μ
SUS製多孔質金属 φ23×32L

 

フッ素含浸(焼結金属フィルター)

焼結体(多孔質体)の空隙部にフッ素樹脂を含浸致しました。画像は焼結金網に処理しておりますが、粉末焼結に処理も可能です。

 

オンリーワン

cube-ball

構造は上記の様にブロンズ(青銅)球ステンレス(SUS)球から出来ており、ブロンズ(青銅)球とブロンズ(青銅)球は焼結されておりますが、ステンレス(SUS)球とブロンズ(青銅)球は焼結されていない為自由に動きます。焼結温度・時間・焼結条件何もかもが違うから焼結されないというような理屈だけで言えば簡単なモノです。しかしいざやってみると型の設計(大き過ぎると形にならない、小さすぎると球が入らない)など目に見えない所で難しく非常に苦労しました。見た目にも面白いと思います。