焼結金属(多孔質金属)の種類

焼結金属(多孔質金属)の種類

焼結金属の種類

焼結金属フィルター
ブロンズ(青銅)製多孔質焼結金属
焼結金属フィルターは、金属粉末を焼結処理により結合させ、焼結体内部に複雑な流路を形成し、空間(気孔)を作りながらも強度を確保した多孔質金属
焼結金網
焼結金網
焼結金網は、金網を1枚から複数枚積層し、焼結処理(金網の線と線を溶着させる)を施した製品である。金網を積層し、焼結処理を施すことにより積層した層と層を一体化することが可能で①強度の確保、②正確な気孔径、③圧力損失の低減をバランスよく適えることが出来ます
ファイバー(金属繊維)焼結
ファイバー(金属繊維)焼結
ファイバー(金属繊維)焼結は、ファイバー(金属繊維)を圧縮成形し焼結処理を施した製品で、密度をコントロールすることにより強度・圧力損失のバランスを選択できる。厚みは0.3~1.0tと非常に薄く、密度は低い。濾過精度は標準的なモノで3~75μ。特殊仕様で0.5μまで対応可能
エッチング焼結プレート
エッチング焼結プレート
エッチング焼結プレートは、エッチングプレートを複数枚積層し焼結処理によりエッチングプレート同士を接合(溶着)させることにより、エッチングプレート単体での強度不足、厚み不足を補える、かつ、通常困難とされる板厚よりも小さい孔をあけることができる製品です

焼結金属フィルターの特徴

焼結金属・多孔質金属の特徴
・気孔が連続
・ノーバインダーで焼結処理を実施
・用途に合わせた気孔構造が選択可能
・焼結処理実績のある材質の豊富さ

焼結金属(多孔質金属)の気孔構造

焼結金属は気孔構造が大別すると直進する貫通孔が特徴のストレート構造、気孔が3次元的に入り組んだ複雑構造の2種存在し得意とする用途も異なります。ご用途に合わせた多孔質金属をご選定ください。

気孔構造別焼結金属(多孔質金属)種類

ストレート気孔構造

焼結金網エッチング焼結プレート
焼結金網 エッチング焼結プレート

複雑気孔構造

焼結金属フィルターファイバー焼結(焼結金網)(エッチング焼結プレート)
焼結金属とは ファイバー(金属繊維)焼結

用途別焼結金属(多孔質金属)の気孔構造

用途気孔構造画像
フィルター、濾過ストレーナーストレート気孔、複雑気孔SUS焼結金属フィルター 焼結金網製フィルター
消音複雑気孔焼結金属仕様のサイレンサー(消音器) 焼結金網サイレンサー(消音器)
整流、吸着複雑気孔焼結金属によるサイレンサー、消音、整流
吸水金属ヒートパイプ複雑気孔 銅粉末を焼結処理した多孔質金属
防爆フィルター、フレームアレスターストレート気孔、複雑気孔防爆フィルター/フレームアレスター センサーケース
バブリングストレート気孔、複雑気孔微細気泡
金型のガス排出複雑気孔SUS(ステンレス)製多孔質焼結金属
芳香金属複雑気孔芳香金属〜金属から香水の香り〜
用途別気孔構造